宅建は独学でも習得することができる|根気よく続ける

継続学習のコツ

勉強道具

大切なテキスト選び

何らかの資格を取得してスキルアップを目指している社会人は少なくありません。しかしどんなに意欲的な人であっても、一人で勉強する独学では途中で集中力が切れ、挫折してしまうケースも多くみられます。専門のビジネススクールに通ったり。通信講座を受講したりするには数万円単位のお金が必要になります。しかし費用をかけられないからといって資格取得を諦めてしまうのは早計です。学習のコツさえつかめば、独学での取得が可能なビジネス資格はたくさんあるのです。その一つが宅建士です。宅建士は不動産取引を公平、円滑に取りまとめる目的で設立された国家資格です。宅建士になるための試験を単に「宅建」と呼ぶこともあります。年に一度、都道府県単位で行われる試験に合格し、宅建士として登録を終えた人だけがその業務に就くことを許されているのです。一般企業においてもその知識は活用でき、賃貸契約をはじめとした各種契約書類の内容が理解しやすくなります。独学者向けの宅建テキストは簡単に探すことができます。ネットでは口コミによるテキストの書評もありますが、実際に中身を確認してから購入することをおすすめします。書体、行間、構成は内容と直接関係はありませんが、少しでも読みづらさを感じるテキストは独学には向きません。また、不動産に関する法令は仔細名部分が毎年のように改正されています。テキストは古本を購入するのではなく、最新版を求めるようにしましょう。