宅建は独学でも習得することができる|根気よく続ける

学習方法も丸わかり

女の人

過去の問題は大切

宅建の資格試験に向けて独学で挑戦する場合、専門の試験本を取り寄せることから始めます。最初は全体像を把握するために、ひたすら読み続けることが大切です。その場合、ペンで大切だと認識した所にチェックを入れるといいです。独学を行う場合、宅建の学習に不可欠なのが、過去の問題集をやり込むことです。それは試験には意図があり、その能力を備えているかどうかを審査するものだからです。宅建の試験においても同様で、根本的には不動産に関する商品説明が出来るかどうかを判断するために行います。過去問に出題されたということは、宅建の知識において重要であり、その内容を学習するのは当然なのです。近年の試験では、ただ闇雲に過去の問題を暗記しただけでは合格は難しいです。それは同様の言い回しの問題が出題されなくなったからです。同様な問題でも手法や視点を変化させて出題してきます。そのため、独学で過去問に取り組む場合は、正解を選択できるようになるだけでなく、どうしてその答えは間違いなのかの理由を述べられるようになることが重要です。宅建の試験では7割前後の正解率になれば合格できるといわれています。そのため100点満点を目指す必要は決してありません。独学で完璧主義を目指すと、些細な点も覚えようとして、優先順位の高い重要な知識まで覚えることができないケースがあります。そのため、試験までの期間を逆算して、計画的に学習することが大切になります。