宅建は独学でも習得することができる|根気よく続ける

勉強道具

継続学習のコツ

独学で宅建に合格するためには、集中力を切らさない継続した学習が必要です。テキストは自分の目で確かめ、読みにくさを感じないものを選ぶようにします。法改正も頻繁に行われる分野なので、最新版を購入しましょう。

女性

不動産業界を目指すなら

法律系資格の中で、宅建は学習期間が短くて済む資格です。有資格者に手当てを出す会社も多く、独学で取得する人も珍しくありません。不動産取引についての法令を学び、得られた知識は仕事や生活において役立ちます。

女の人

学習方法も丸わかり

宅建試験の勉強を独学で行う場合、過去の問題集を重点的に取り組むことが効率を高めるポイントです。そして合格ラインが7割前後のため、勉強する優先順位を定めて、効果的に学習することが合格への近道となります。

何か資格を取得したい人

模型を持つ人

資格内容と勉強方法

仕事を探す上で、有利になる存在なのが資格です。資格がないとその仕事ができないもの、こういった職業は必然的に給料も良くなっている傾向にあります。資格には、学校に通わないと取得できないものや国家資格、民間資格など種類もさまざまです。ただ、いざ資格を取得しようと考えた時に、学校に通ったり、学費を用意するといった時間もお金もある人は少ないものです。資格を学校も通わず、働きながら独学で勉強をして取得できたら、再就職や将来の不安に対処できる存在になります。そんな独学で学ぶのに適した資格が、宅建なのです。宅建とは、宅地建物取引士のことで、国家資格にあたり、不動産業はもちろん、さまざまな業界で取得される人気の高い資格です。宅建の試験は、年に一回、各都道府県の指定会場で、試験時間は二時間、問題形式は四肢択一式50問のマークシートになっています。試験内容は、宅建士の仕事の土地や建物の売買、賃貸の仲介や代理、商業ビルや工場なども取り扱うので、業務範囲も広く、広範囲で深い知識の問題が出題されます。そのため、独学での勉強には、コツが必要になってきます。ただ単に丸暗記して覚えてしまっては、非常に危険で、宅建の場合には何事も具体的に考えてみることが大事になってきます。独学で勉強をしていると、どうしても気が焦ってしまうものです。しかし、宅建の合格者の8割が独学での勉強で、合格を手にしているのです。なので、独学でも焦らずにきちんと勉強することが大切です。